「お客様の為に仕事をする」、「お客様に発展して頂こう」
という気持ちを持って取り組んでおります。
製造業、小売、卸売、病院の企業様へのサービスに自信を持っております。
そういった業種のお仕事に付随する業務は全てお任せ下さい。
経営に関して初心者の方でも、親切丁寧に指導することによって、
徐々に良い会社になっていきます。
会社を発展させていきたいと考えていらっしゃる経営者の方はお気軽にご相談ください。

ERPパッケージで徹底した管理会計を。
会計・給与・販売などの基幹システムから セキュリティ製品までをトータルにサポートします。
記帳くん[記帳くん]エースリンクプロ[エースリンクプロ]

お問い合わせ

一般的な相続対策としては、
1.遺産分割対策
2.納税資金対策
3.節税対策
が挙げられます。
遺産分割対策は、相続税の申告義務があるなしにかかわらず、すべての人が考えておかなければいけない対策です。
一方、納税資金・節税対策は、主に相続税の納税を視野に入れた対策です。 相続人のうちの誰にどの財産を承継させるか、
相続人の間で争いが起きないか、の検討をしておく必要があります。

円満な遺産分割のために遺言書を活用する

遺言は無用な相続争いなどを防ぐために行う財産の処分行為です。
遺言が無いばかりに残された相続人の間に 深刻な争いが生じたりすることがあります。
ですから、遺言書があれば極端な話、遺産分割のほとんどが解決 されるといっても過言ではありません。
遺言は法定相続人の権利よりも優先されます。もちろん、遺留分を侵害している場合は減殺請求されることはありますが、
遺言書があれば分け方については「解決近し」といえます。

贈与を利用して生前に遺産分割を進める

従来からある、暦年贈与(年間110万までは非課税)も長い年月をかけて複数の人数に贈与していけば、大きな効果 が生まれます。
また、生前贈与の方法として「相続時精算課税制度」を利用するのも、きわめて有効です。
その他にも、現状の財産を分割しやすい財産に組み換えを行うことにより、相続人に受け継ぎやすくしておくとよいでしょう。

所有財産の縮小、移転による対策

○計画的・長期的な贈与
1年110万円の基礎控除(暦年贈与)を活用した贈与は、長期的・計画的に行えば確実な節税対策になります。
○配偶者控除の活用
配偶者には、「贈与税の配偶者控除の特例制度」があります。
例えば、居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭を配偶者間で贈与する場合には2000万円
(基礎控除と併せて2110万円)までは贈与税はかかりません。
ただし、婚姻期間が20年以上であるとか、申告が必要などの要件があります。

課税価格を引き下げる対策

○所有不動産を賃貸用へ
自分で使っている不動産または使っていない不動産を100とすると、賃貸用不動産は70程度の評価となります。
この評価差を利用して課税価格を引き下げる対策です。

養子縁組

相続税の基礎控除(3000万円+600万円×法定相続人の数)や生命保険金等の非課税枠(500万円×法定相続人の数)を
アップさせることにより課税遺産総額を下げる対策です。

優遇制度をフル活用するための対策

○生命保険への加入
生命保険金は500万円×法定相続人の数までは課税財産に計上しない、という非課税枠が用意されておりますので、
その非課税枠をフルに活用できるだけの生命保険に加入します。
○死亡退職金を活用
死亡退職金にも、500万円×法定相続人の数までの非課税枠が用意されているため、
その範囲内であれば相続税がかかりません。

物納の準備

2006年の改正により大幅な制限が設けられ、物納は非常に使いにくい制度になりましたが、
相続財産のほとんどが不動産の場合は、生前から物納の条件を満たす準備さえしておけばメリットはあります。

お問い合わせ

会社概要

事業所名 金井税務会計事務所
住所 〒131-0041
東京都墨田区八広4-41-5
TEL 03-3613-3322
FAX 03-3618-3322
開業年月日 昭和50年4月1日
アクセス方法 京成線 八広駅 徒歩8分